マルチビタミンの選び方

マルチビタミンとは、必要な栄養素を複数含んだサプリメントの総称です。DHCやファンケル、ネイチャーメイドなどの有名な会社からマルチビタミンが販売されており、人気です。マルチビタミンは、一粒で複数のビタミンを摂取することができて、気軽に栄養補給ができます。

マルチビタミンには、どんな栄養素が入っているのでしょうか。ビタミンは、「ビタミンC」から、マイナーな存在の「ビオチン」や「葉酸」などを含めて、全部で13種類のビタミンがありますが、この中からビタミンKを除いた12種類が入ったマルチビタミンサプリメントが主流となっているようです。ビタミンAについては、過剰接種するとよくないので、ベータカロチンの形で含有されているマルチビタミンが多いようです。

最近のマルチビタミンには、マルチミネラルを配合したものも多いようです。ミネラルは100種類近くありますが、マルチビタミンに含まれているのは、
「必須ミネラル16種類」の中から、既に摂り過ぎの「ナトリウム」や「リン」などを除いた10〜11種類が多いです。

マルチビタミンのメリットは、ビタミンやミネラルがお互い助け合う事で、その働きを高めることです。たとえば、カルシウムは骨を作る栄養素として有名ですが、他にもビタミンC・D・マグネシウムなども骨を作る過程で必要とされます。血液を作る時も同様に鉄分以外に、ビタミンB12・B6・葉酸・銅などが必要になります。

人が生きていく為には様々な栄養素を必要としますので、これらの栄養素を複合的にバランスよく、手軽に摂取できる事が、マルチビタミンの最大の特徴といえます。

マルチビタミンには天然と合成のものがありますが、効果が同じ物と、違う物があります。例えば、ビタミンEは天然のほうが抗酸化能力が高く、合成のものは効果が劣りますが、ビタミンCは天然も合成も全く同じ効果を示します。ただし天然のビタミンCはほとんどの場合、天然原料自体にフラボノイドを含んでいるので、ビタミンCの吸収効率を高めてくれる場合があります。

天然ビタミンのほうが良いと考えがちですが、かならずしもそうではありません。天然ビタミンは製造工程が複雑化されるので、合成ビタミンに比べると少し高価になります。国内メーカーでは、天然ビタミンを製造している所が少ないので、コンビニやスーパーでは手に入りにくい事ということもあります。

マルチビタミンには、日本製とアメリカ製のものがあります。以前は、サプリメント先進国であるアメリカ製のマルチビタミンが良かったのですが、最近では日本製のマルチビタミンも品質が高くなっていますので、どちらを選んでも良いでしょう。

ただし、「天然サプリメント」や「タイムリリース加工」・「キレート加工」を施した物が欲しい場合は、日本製のマルチビタミンではなかなか見つからないのが現状です。このようなこだわりが無い場合は、日本製のマルチビタミンが安くて、どこでも買えて便利です。

2007.06.08.08:09 | Permalink | Track Backs (0) |

Track Back URL: